2006年05月05日

DEATH NOTE

ノートに名前を書かれた者は死ぬ。


とんでもない発想のサスペンス漫画、「死神」まで平気で出てくるし・・・
この様な、ありえない状況でのありえない物語は漫画らしくて個人的にはすきです。(^▽^)

キャラクター1人1人の設定もとてもしっかりしており、ありえない設定の中でも説得力があります。(少々強引なところもありますが)

1部の「L編」の天才2人のガチの心理戦は必見ではないでしょうか。
ただし、人気漫画の宿命なのか連載引き伸ばしのために「L編」以降は少々歯切れが悪く、とってつけた感が残念であります。



「L編」だけでも十分ですね、それと作者の画力はスバラシイ!!


posted by モリヒロ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21706629

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。