2006年05月06日

ブラック・ジャック

今読んでも古くない。

手塚治虫の代表作です、医師免許持ちの作者ならではの作品ですね。
(医師免許持ってる漫画家って今考えるとすごいですね。)

現在もアニメ化されたりと、ちっとも古臭さを感じさせない漫画。
ブラック・ジャック」の設定をまねた(主人公の職業を変えるなど)漫画が腐るほどありますが、やっぱり手塚治虫の懐の深さには勝てません。


体中がつぎはぎだらけで、顔の一部が黒くて、無免許のくせに法外な報酬を要求する医師・・・・なのに愛せてしまいます。

すべてが正しくはない「人間らしさ」が「ブラック・ジャック」の魅力だと私は思います。

全編、「生命」をテーマにした作品だけに、今では読むことができない話(差別などの問題)もあるそうです、封印することが差別をなくす事にはならないと個人的には思うのですが・・・

いつか全てのお話を読んでみたいものです。




解釈の仕方によっては主人公は嫌な奴です、ただ「生命」に対してはとても真摯でかっこいい。


posted by モリヒロ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。